2009年

11月

08日

News Spider 2009/11/08

サッチャー元首相の息子は南アのスパイだった!
英軍、アフガン撤退を計画

 News Spider | ニュース蜘蛛業 2009/11/08(日)


陸軍はアフガニスタン撤退を望む
(英タイムズ 2009/11/8)
英国軍がアフガニスタンの基地から部隊を引き上げる計画を進めている。

内務相、移民の危険性を隠蔽
(英タイムズ 2009/11/8)
労働党の移民「開放」政策は、危険人物がチェックなしに英国に居座る危険がある。

マーク・サッチャー卿、南アフリカのスパイだった
(英タイムズ 2009/11/8)
 マーク・サッチャー卿は南アフリカ情報機関の情報提供者となり、中央アフリカでのクーデター計画に関与していた。2004年、サッチャーは南アフリカ情報部員(SASS)たちと、赤道ギニアでのクーデタについて話し合った。赤道ギニアから釈放された傭兵サイモン・マンは元首相の息子は重要な役割を果たしていたと暴露、裁きを求めた。赤道ギニア政府は、サッチャーと、レバノン人エリ・カリルのクーデタ関与の、電話と銀行の記録を含む証拠を入手している。


ロシアの共産主義者は、プーチン失脚が最優先
(米ニューヨークタイムズ 2009/11/7)
土曜日、1917年のロシア革命を記念し、共産主義者たちはエンゲルス、マルクス、レーニンの垂れ幕を掲げてモスクワを行進した

 

米軍内イスラム比率増加の難問
(米ウォールストリートジャーナル 2009/11/7)
国防総省によれば2008年4月時点で米軍内で働くイスラムは3409人だったという。だが、米軍は信仰について情報公開していないが、イスラムを信仰する兵士は、国防総省の統計より10000人以上多いかもしれない。

 

ロシアのロケット、2010年に仏領ギアナから打ち上げ
(仏エクスパティカ 2009/11/7)