2012年

2月

21日

2月ももう21日

 うっかりしていて元旦のまま放置していました。マヌケです。

 

 光市の母子殺人の死刑判決が確定しました。そうなるだろうとは思っていましたが、何とも味気ない感じです。

 その理由を書きだしてみる。

 

◯犯人の馬鹿さ加減

◯事件を利用して実際は減少している少年犯罪が増加しているかのようなキャンペーンを張り、少年法改訂を実現させた法務官僚・警察官僚の狡猾さ

◯その意図に乗り、倒錯した正義感にかられて白を黒と言いくるめるのに一役も二役も買ったマスメディアの愚劣

◯犯人を誘導して悪辣な発言を引き出した者の利己的な悪意

◯さっさと死刑判決を下したいと、交替したばかりで準備も出来ていない弁護士を出廷させようとした裁判官の傲慢

◯出廷を拒否し、裁判を成立させなかった弁護士への、事情もわきまえぬ度を越した非難

◯その弁護士がつくまで、一人として犯人に面会もしていなかったという弁護士たちの怠慢と怠惰

 

 ざっと思い出せる限りでもこの事件とその裁判にはこれだけの背景がある。事件の残忍さ、無残さとは別に、少年法改訂のきっかけに利用した事件であり、メディアの大キャンペーンもあったという事で、死刑は絶対的に必要だった。

 犯人に同情する余地はないが、この事件に付随して起きた事はひどいものだとしか言いようがない。