2013年

12月

15日

安楽椅子と宇宙

 今、グライアン・グリーンの『隠れていた宇宙』を読んでます。グリーンの本は3冊目かな。友人に物理が面白いよと教えてもらったのがきっかけで読み始めました。今までで一番いいかもしれないと感じながら読んでます。

 長年の夢だった(そのわりには選定はいいかげんでした。やはりツメが甘いのが欠点ですね。いや、ワキも甘いし・・・うーん)安楽椅子を買い、オスカー・ピーターソンを流したりしながら読み始めるのですが、眠ってしまいます。

 ちょっと気を入れて英語の本を読む時にはパスカル・ロジェのドビュッシーを流しながらやるのですが、そういう風に脳のネットワークに重みをつけてしまったため、楽に読む時には別の音楽にしようと思ったのがきっかけで色々と聞き直しているのですが、大抵、寝ます。

 でも、グリーンは眠らないで読めます。かなりわかりやすいのではないかと思います。