蜘蛛業(くもわざ)・・漂流しつつ、不活発ながら生存中

 

原子力発電を再稼働させよう

 

 

 

 

kumowaza Twitter

 

 

 New! 


2016年

8月

15日

都知事、面白かったね

 小池百合子さんが都知事になった。泡沫を抜かして、あの2択の中では小池さんが妥当だと思う。私の好きな石原慎太郎元都知事は「化粧の濃い」「嘘つき」だという評価をしたが、それは女性政治家だと言っているにすぎない。あの時、後ろを振り返れば、そこにいた爺さんたち、みんな嘘つきだと気がついたはずだ(まあ、わかってて倅可愛さに出てきたんだと思うけど)。
 つまり、嘘つきかどうかが問題なのではなくて、タチが悪いかどうかが問題になる。で、選挙結果からすると、自民党都連は都民から疑惑の目を向けられたという事になる。

 石原伸晃がいくら顔を真ん中に集めてネズミのような人相になり、小者さ全開でいきり立っても無意味だ。そこにリソースを割り当てても無駄なので、安倍政権はさっさと小池百合子と仲良くする道を選んだ。あたりまえだ。

 ネズミ男石原伸晃は、処分=報復をもって統制を取ろうとしたが、そういうやり方は共産党のものであって、自民党はそういう党ではない。様々な利害と思惑、諸々の機微が混然となっているのが自民党なのであって、もし一枚岩になったらこれは危機なのだと心得ておいていい。

 この自民党モデルは日本社会をよく近似していて、摩擦を最小限に押さえて利害を調整するのに適している。ただ、政治家の多くは頭が悪く、権限と権力を取り違えてのぼせ上がったり、欲に負けたりして、近似を真と思い込み、利権べったりになる傾向があるので、時たま剥がしてやらなければならない。都連も丸ごとタチが悪いのでもないだろうから、お迎えの近いあたりにご退場願うので決着がつくと思うが、小池さん、戦い方をわかっていそうだから、しばらく鉾を収める事はないだろう。

 完敗した伸晃ネズミだけれど、これが小池さんに勝てる見込みはないかもしれない。小池さんの方が戦が上手いし、段違いにしたたかだ。いや、ネズミは戦い方をまったく知らないと言っていい。ネズミ、親父さんは負けても前に行ける戦い方が出来ていた。親切心で言うが、お前さんにその芸当は出来ない。親父さんは男だったが、お前は男じゃない。人の後ろに隠れていろ。小池さんのスカートの影でもいい。そして、二度と戦うな。

 

 鳥越俊太郎は都民の選択肢にほとんど入ってなかったと思うけど、自分はよほどの著名人だと思い込んでいたのかもしれない。青島や美濃部を覚えている人は、その酷さを思い出し、あのたぐいの人間を三度知事に据えたくないと思ったに違いない。それに、我が耳を疑うほど馬鹿だったし、非常識だったし、無知だったし、選挙=つまり民主主義を馬鹿にしてたしと、いいところがなかった。ゲス都知事候補かもしれないというのは、それほど影響がなかったと思う。

 ジャーナリストでございが唯一の売りだったけど、テレビの報道系番組に出てたというだけの話だった。著書で言うと「桶川女子大生殺人事件」以外は、ほとんどオレ本ばかり、ああ、それにニュース解説本もあるねという程度、その場その場でから騒ぎの右往左往をしてみせてくれる「ジャーナリスト」たちの一人で、そこそこうまく立ちまわったというだけにすぎない。ジャーナリストらしく不勉強だったしね。

 ま、本人は日共系文化人として余生を送るつもりでいるんだろうから、勉強なんてしない方がいいね。日共がどれだけ面倒見がいいかは知らないけど・・・

 

 でも、「落選! 地獄の夏 警鐘、日本国民はボケている!」とかいうタイトルで、誰か、非論理的で露悪的な鳥越擁護ジャーナリズムでもやったら少しは商売になるかもしれないよ。少しは。(都知事選挙は都民が投票するだけだから、日本全国に話を広げるのは無理なんだけど、そこはジャーナリスティックにザックリ無視)

 

 本当は二択の一人だったけど、名前を覚えている人がいない増田寛也さん、経歴はご立派だったけれど、でも、それ誰? という事で、すでに疑惑の目で見られていた都連が担いだのは楽なミコシだからだろうとしか思われなかった。要するに、こんな布陣をして、偉そうにしていても、都連の爺さんたち、都知事選なんかこれっぽっちもわかってないのを露呈した。

 

 色々と大きく変わって行く感じのある中の都知事選だったけれど、否応のない変化が見えて面白かった。

 

 

2016年

8月

15日

少し暑さがおさまって・・・

 あまりに暑い時期、毎年何もやる気にならず、冷房の前で溶けている。

 若い頃は冷房がなくても平気で、せいぜい一週間ほど寝苦しい時があった程度だったのが、今は部屋を冷やしていないと眠れない。睡眠は体温を下げるものなのだが、部屋が暑いと体温が下げられない。場合によっては熱中症になってしまう。あれは、気がついた時には体を動かせなくなっていて、ああ、ダメだと考えながら意識を失って行く。そうなった時、昼間だったので何とか意識を奮い立たせ、体を動かして事なきを得たのだけれど、すっかり自信を失い。注意を怠ってはいけないと思うようになった。若い時は乱暴でも体力でその場しのぎが出来たのだろう。歳をとって同じ事をしていたら、何も学ばない馬鹿だと発覚してしまう。そこは隠蔽しておかねば面目が立たない。

 そういう次第で、冷房の前で猫まみれになりながら溶けているのだが、髪の毛にブラシを入れたら、猫の毛が大量に混じっていた。

 これは・・・

 

 

 

2016年

8月

09日

ストリートの危険な・・・

ストリートの危険な香りをと思ってバタフライナイフの練習のために、刃の代わりに櫛がついているオモチャを手に入れた。

バタフライナイフは、片手で開き、パタパタとやって刃が出た状態にするのがカッコいいのだが、ちっともそういう風に出来ない。元に戻ってしまうのだ。

 まあ、ここでも不器用極まりない事が出ただけなのだが、今回、それでは終わらなかった。

 猫が興味を持ったのでちょっととかしてやったら気に入ってしまったらしく、練習をしようとするととかしてもらえるものと誤解してやって来るようになった。

 しかたないので毛づくろいをする。そうして、猫はバタフライ櫛を持つと毛づくろいだと決めてしまった。

 結局、バタフライ櫛は、ただの猫の毛づくろいに使うだけのものとなった。もちろん、練習どころではないので片手でパタパタ開けるようにはなっていない。

 

「GON」の編集部にいた島田うどんがうまく格好良くバタフライナイフを扱っていた。あの頃は、事件前だったのでまだそこらで売っていた。

 

 中学生がバタフライナイフで先生を負傷させた事件の取材も思い出した。警察署長がいい人で丁寧に話を聞かせてくれた。青少年の事件などない地域で、林でタバコを吸うぐらいが非行の関の山だったのに、あの事件が突発した。バラフライナイフを売っている店は一件ぐらいで、その店でナイフを買ったのは、事件後、取材に来たマスコミがほとんどだったと教えてくれた。

 そんなに凶悪でも何でもない事件だったけど、それでバタフライナイフの販売は禁止になった。

 

 島田うどん、良い奴だったな。何してんだろ? 田舎に帰っちゃった後は連絡先も知らない。時々思い出すし、会いたいな。